Home > にきび跡 > にきび跡の原因がわかったので改善できた!

にきび跡の原因がわかったので改善できた!




にきび跡の解消には、まずは「にきび跡」自体を知ることが改善への第一歩です。

一言で、「にきび跡」といっても、にきび跡の状態は千差万別です。

それぞれの状態の深刻度を知ることで、どのように改善すれば良いのか、どのような治療方法が必要であるのかがわかってきます。

さてそれでは、まずは「にきび跡」の種類について説明しましょう。

にきび跡の種類

にきび跡の主な種類は、以下のような違いがあります。
  • にきび後の赤み
  • 茶色のシミ
  • しこり
  • ケロイド
  • クレーター

・にきび後の赤み

にきびが悪化したり、にきびをつぶしたりすると、怪我を治す時と同様に毛細血管が集まります。その毛細血管が、にきび跡の赤みとなって残っているのです。しばらくすると、この赤みがなくなるのが普通です。

・茶色のシミ

茶色のシミは、にきびの炎症によって、表皮の一番下の基底層という所にあるメラノサイトが活性化し、必要以上にメラニンを作ってしまったことが原因です。

・しこり

皮膚の表面に「しこり」となって残るにきび跡。この「しこり」の多くは、大人にきびが悪化したものです。大人にきびが化膿し、皮膚深部の組織を壊し、組織が異常再生したことで、しこりとなって残ったのです。

・ケロイド

ケロイドは、外皮が損傷を受けた時に、免疫システムが働き、赤く盛り上がって傷跡を残したものです。いくつものにきびが同じ場所にでき、何度も化膿したことで、にきびにきびの間が繋がって、大きなにきび跡になったのです。痛みやかゆみがある場合もあり、肌に凹凸をつけます。

・クレーター

クレーターは、にきびが膿んだ状態が長く続いたために残ったにきび跡です。傷が深すぎると、皮膚の修復が追いつかずに、凹み(へこみ)として残ってしまったのです。

これらのにきび痕の違いによって、対策が違ってきます。

単ににきび跡として一まとめにするのではなく、それぞれのタイプ別に、適切な治療法を探っていくのが、にきび跡対策では必要です。

なお、にきび跡の治療法には、以下のような方法があります。詳しくは、「ニキビ治療」のカテゴリーをご覧ください。

・ビタミンC誘導体/イオン導入
・ケミカルピーリング
・レーザー治療

あなたは、どのタイプのにきび痕に悩んでいるのでしょうか?

にきび跡を、目立たなくするためにも早めの対応が望まれます。

自分のにきび跡にあった対策を、できるだけ早く探してみましょう。

今の状態よりも、きっと良くなるはずです。





Home > にきび跡 > にきび跡の原因がわかったので改善できた!

Search
Feeds
Meta

楽天で期間限定のお買物なら

Return to page top