Home > にきびの場所別特徴 > にきびができる場所と対策の注意点

にきびができる場所と対策の注意点




にきびができる場所によって、にきびができる原因が違う場合があります。

そのため、にきびができる場所別の特徴を掴むことが重要になってくるのです。

顔のにきび

顔のにきびができやすい原因は、毛穴の数が身体の他の場所よりも多いことに関係しています。

・鼻にきび

顔の中でも、鼻のにきびが気になる人が多いでしょうが、通常であれば鼻にはにきびができにくいはずなのです。それは、鼻の毛穴は比較的大きく、皮脂が詰まりにくいため、にきびができにくいのです。ただ、鼻を無意識のうちによくさわる人などは、鼻が刺激されたり、細菌がつきやすかったりということが原因となりにきびが出来ます。

・あごにきび

次は、あごにきびについてです。あごにきびは、洗顔料の荒い残しが原因になることもありますが、男性ホルモンが関係している場合もあります。女性の生理前後の黄体ホルモンの変化が関係したり、ストレスによって男性ホルモンが増えたりということに関連して、あごににきびができるのです。

・額にきび(おでこにきび)

額にきびおでこにきび)は、睡眠不足や偏食が影響します。思春期の受験シーズンなどに、額にきびおでこにきび)が出る人が増えますが、受験シーズンはどうしても睡眠不足になったり、塾の関係で食事の時間が不規則になったり、10代の頃は食べるものの好き嫌いが激しかったりということが重なり、にきびが出やすくなるのです。

首・背中・胸のにきび

・首にきび

首にきびは、ストレスやホルモンバランスが影響することが多いようです。現代社会では、男女とも、どうしてもストレスを抱えることが多くなりますが、ホルモンバランスについては、女性の方が生理によってバランスを崩しやすくなります。このことが原因で首ににきびができる場合があります。

・背中にきびと胸にきび

背中にきび胸にきびは、背中等の皮脂腺が大きい上に、活発であることに関係しています。また、顔の毛に比べて、背中や胸のうぶ毛は太さがあるため、皮脂を出しにくいということも挙げられます。さらに、ボディソープなどが十分に洗い流されていないことで、皮脂が詰まってしまうということもあります。

背中にきび胸にきびの対策の基本は、毛穴に詰まった皮脂をきちんと洗い流すこと。そして、毛穴が乾燥して硬くならないように、肌をしっとりさせるスキンケアを心がける必要があります。

ここでは、にきびが出る主な場所別のにきびの原因について説明してきました。

基本は、皮脂が毛穴に詰まらないように、丁寧に洗い流すことですが、自分でそのように心がけているつもりでも、なかなかにきびがなくならないことがあります。

にきびが出るからには必ず原因があるのですが、その原因を自分では掴むことができずに、日々が過ぎていくことが少なくありません。

もしそのような場合には、にきびが出ないように専門家によるケアを受けたり、にきびが悪化しないように専門医を訪れたりという、きちんとした対策や治療を受けることが、いつまでもにきびに思い悩まない最善の方法になるでしょう。

あなたの肌が少しでも改善しますように!





Home > にきびの場所別特徴 > にきびができる場所と対策の注意点

Search
Feeds
Meta

楽天で期間限定のお買物なら

Return to page top